リフォームでお風呂を温かく快適にしましょう!

「温かいお風呂に憧れる」
「リフォームで温かいお風呂にしたい」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。
お風呂が温かくないと、体調を崩す原因になってしまいます。
またその他にも、温かくないことのデメリットがあります。
そこで今回は、リフォームでお風呂を温かくすることについて、奈良の業者が解説します。

□お風呂は温かい方が良い

毎日家事に追われ、お風呂くらいしか休めないと言う主婦の方は多いです。
しかし、その唯一の休める場所であるお風呂も、寒くては安らげません。
またそのような理由のほかにも、温かくないお風呂には危険があります。
寒いお風呂のリスクとは、ヒートショックのことです。
ヒートショックは、血圧が急上昇したり、急降下したりして、心筋梗塞や脳梗塞、脳貧血などの症状を誘発してしまうことです。
血圧の急変化は、急な温度変化により起こるでしょう。
そのため、寒い脱衣所から寒い浴室に行き、そして寒さに震えながら熱いお風呂に入ると言う行為は大変危険なのです。
寒くない浴室にすれば、急激な温度変化は防げます。
たとえ脱衣所が寒かったとしても、浴室が温かければ、徐々に体を慣らせるでしょう。
今の家のお風呂が温かくないと感じている方は、健康のためにも温かくするよう検討しましょう。

□お風呂を温かくするためのリフォーム

お風呂が寒い原因の一つに、断熱性が悪いということが挙げられます。
断熱性が低いと、外気が浴室の温度に影響してしまいます。
外気の影響を受けにくくすれば、浴室の温度は下げにくくなります。
そのため、浴室の温度を下げないためには断熱性を高めることも手段の一つでしょう。
お風呂の断熱性能を高めるためには、断熱リフォームが必要です。
断熱リフォームが可能な場所には、壁や天井、そして窓があります。

*壁や床や天井の断熱リフォーム

壁や天井のリフォームでは、断熱材を扱います。
壁や天井の中に断熱材を仕込みましょう。
費用は、天井は1平方メートルあたり約4千円以上で、壁は1平方メートルあたり約5千円以上かかります。
素材はあまり高価なものではありませんが、工事費がかかるため、広くなるほど高くなってしまいます。
しかし、お風呂はそこまで広くないため、案外費用は抑えられます。

*窓のリフォーム

窓から冷気が漏れてきている可能性もあります。
窓から漏れる冷気も、リフォームで防げます。
その場合には、窓のリフォームをしましょう。
窓を2重にする複層ガラスや、内窓を設置するという方法があります。
複層ガラスへのつけ替えは2~3万円程度で、内窓は3~5万円程度です。

□お風呂に床暖房を導入してヒートショックを防ぐ

断熱性を高めたお風呂であれば、お風呂を温かくできました。
しかし、そのほかにもお風呂を温めておく方法はあります。
例えば、床暖房はそのうちの一つで、床暖房などの設備を予備暖房と言います。
予備暖房を利用すれば、確実にお風呂を温かくできるでしょう。
確かにお風呂の床暖房は魅力的です。
誰もが納得する温かさですが、床暖房で不安な点の一つに、電気代があります。
床暖房は電気を使い発熱します。
そのため、使っていると電気代がかさむと思っている方もいらっしゃいますよね。
暖かいお風呂は魅力的だけれど、お風呂ばかりに電気代をかけられません。
しかし、その点に関しては安心です。
床暖房の設備にもよりますが、電気代はあまりかかりません。
ものによれば1日1円未満、つまり年間で300円程度しか電気代がかからないものもあります。
断熱に加え、床暖房まで完備すれば、ヒートショックの危険性はかなり低くなるでしょう。
もちろんタダではないですが、比較的低めのコストで命の危険性を回避でき、かつ快適に入浴ができるでしょう。

□お風呂に床暖房を後付けする

浴室の温度を上げるためには、断熱や予備暖房が有効的でした。
しかし、新築でなければ床暖房は設置できないとお考えの方もいらっしゃいますよね。
新築しか床暖房を設置できなければ、既に家を購入している方には関係がありません。
床暖房は後付けも可能ですが、いくつかの条件があります。
後付けの工事をする場合、基礎はベタ基礎で、基礎と床下の空間に作業できるスペースがあるという条件に一致している必要があります。
これらの条件が揃っていれば、床暖房の後付けは可能でしょう。
床暖房の後付けには、注意点があります。
それは、温める効率が悪くなる可能性があることです。
床下空間が広い場合、熱が周りに逃げるため、温める効率が悪くなります。
温める効率が悪くなると、温まるまでに、時間がかかります。
そのため、長時間床暖房をつけておく必要があり、電気代が高くなってしまいます。
後付けの床暖房には、これらの注意点がありますが、上でも述べたとおり、床暖房の電気代はそこまで高いものではありません。
温かいお風呂にお憧れの方は、ぜひ床暖房を導入してみてください。

□まとめ

今回はリフォームでお風呂を温かくすることについて解説しました。
お風呂を温かくするリフォームにはさまざまな種類があります。
リフォームでお風呂に温かさを手に入れましょう。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です