アフターサービス(定期メンテナンス)その2

こんにちは☼ 本店のKです。

今日は節分ですね♪

「節分」とは立春の前日のことで、冬と春の変わり目である節分には

邪気が入りやすいと考えられていたため、鬼を払う行事が生まれたそうです。

最近では豆まきと恵方巻が恒例行事ですね♡

今年は北北西を向き、願い事をしながら無言で一気に食べるのがルールです^^

みなさまの願い事は何でしょうか?

わたしの願い事は、一人でも多くのお客様が創造工舎でリフォームして良かった~と

思ってもらえることが願いですね☆彡

とはさておき~

今日も定期メンテナンス(アフターサービス)に行ってきました。

H様は、過去にトイレリフォームや花壇の設置、2階の洋室や廊下を改装したり、内窓や照明をつけたりと幅広く長きに渡りご愛顧いただいているお客様で、「創造工舎と申します。半年点検に参りました」とインターホンでお伝えすると、寒い中外に出てきてくださり、その後リフォームした2階の収納は、問題なくご使用していただいているご様子でした。

またS様は、クロスの貼替や洗面台を弊社でリフォームしてくださり、トイレの修理や下水掃除も依頼いただき、リフォームだけでなく修理の依頼もいただいており、「トイレ修理依頼した時もすぐに来てくれて、下水掃除までしてもらえて本当に有難かった」とおっしゃってくださいました。

また、「フェンスもキレイにしてもらってよかった」とおっしゃってくださいました。

お客様の喜びの声こそが、私たちの喜び♡

今日は雪が降るとか降らないとか・・・

まだまだ寒い日は続きますが、皆さん体調管理に注意してお過ごしください。

鬼は外~福は内~

みなさんの家に福が現れますように♡

Kでした。

アフターサービス(定期メンテナンス)

こんにちは☼ 本店のKです。

寒い日だったり、暖かい日だったり体調管理が大変ですが、

みなさまどのようにお過ごしでしょうか?

創造工舎ではリフォーム後のお客様のお家へ、不具合が起きていないかなど点検の為に定期的に訪問させていただいております。

過去にはこの点検時に洗面化粧台についている水栓の水圧が気になるとか玄関のセメントが取れてきてちょっと見てほしいなどの依頼されたお客様もおられたようです。

暮らしてみないとわからない不具合など、リフォーム後の相談もさせていただいております。

先日、橿原市にお住まいのM様のお家にリフォーム後の6ヶ月点検で訪問させていただきました。M様は創造工舎で(TOTO GG2-800)のトイレと(TOTO サクア)洗面化粧台をリフォームされました。現在も問題なくお使いいただいており、「以前使っていたものより使いやすくなった!」と高評価をいただいております。

また、同じく橿原市にお住まいのT様は、TOTOの(GG1-800)のトイレにリフォームし、

「古かったトイレが新しくなって良かった」と高評価いただきました!!

リフォーム・・・それは使うものが新しくなるだけでなく、気持ちも一新してくれます♡

そんなお手伝いができるスタッフになりたいなぁ~と思っています^^

実は・・・!(^^)!

1/31まで新春初売りキャンペーン中

キッチンであればオプションプレゼント

お風呂であれば浴室暖房乾燥機「三乾王」プレゼント!! 

オトク~★★

なーんとこの機会は

あと残り3日!!

逃したらそんそん!!!

聞くだけ見るだけでもだいじょーぶです (OK)

店舗は橿原市醍醐町550-1です (シャトレーゼの横のオレンジ看板です。)

素敵なスタッフたちが笑顔でお待ちしております♡♡

では今日も一日皆様が元気で過ごせますように(*‘∀‘)

Kでした。

トイレをリフォームするきっかけとは?奈良でリフォームにお困りの方へ!

「奈良市に住んでいて、トイレのリフォームをしようか悩んでいる!」
「トイレのリフォームをするきっかけについて教えてほしい!」
トイレのリフォームに関して、こういった声をよく耳にします。
トイレをリフォームするきっかけは何なのでしょうか。
今回は、トイレリフォームのきっかけについてご紹介します。

□トイレをリフォームするきっかけ

住宅のリフォームの中でも、多くの方がトイレをリフォームされています。
では、トイレのリフォームはどういったきっかけで行うのでしょうか?
まずは、トイレリフォームのきっかけについて、代表的なものをご紹介します。

*トイレの性能が劣化した

どんなものでも、長期間使用していれば、その性能は劣化していきます。
それは、トイレに関しても同じことが言えます。
何年も、同じトイレを使っていると、トイレも劣化していきます。

トイレが劣化すると、水が流れにくくなったり、破損したりするかもしれません。
そのため、少しでも、使いづらいなと感じたら、リフォームを検討するのも良いかもしれません。

劣化したトイレを使い続けていると、さらに状況が悪化してしまう危険性も考えられます。
そのため、トイレの欠陥を見つけたら、早急に対応しましょう。

*家族のスタイルが変化した

トイレは、人間の生活において、必要不可欠の設備です。
そして、家族が共有して使う場所でもあります。
そのため、家族の生活スタイルが変化した際に、トイレをリフォームされる方が多いです。

特に、出産のタイミングでリフォームされる方が多いでしょう。
これまで使用していたトイレが和式のトイレの場合、妊婦にとってかなりの負担やストレスとなってしまいます。
そのため、できるだけ負担を減らせるように、洋式のトイレにリフォームされる場合が多いです。

また、妊婦のためではなく、生まれてくる赤ちゃんのことも考えて、リフォームするのがいいでしょう。
トイレは、家族全員が使いやすいと思えるような場所にしましょう。

*トイレの老朽化や、配管が劣化した

トイレの老朽化も、リフォームするタイミングの一つでしょう。
便座にひび割れが発生したり、ウォシュレットが故障したりしてしまうケースは少なくありません。

この際、故障する前に気づければ、リフォームによって被害を最小限に抑えられます。
しかし、トイレが故障してしまってからリフォームする場合は注意が必要です。
故障したからといって、急いでリフォームをして、失敗してしまったというケースが多いからです。
そういった場合こそ、落ち着いて対応することが重要なのです。

その他にも、配管の劣化でリフォームされる方も多いでしょう。
トイレの配管がうまく機能していない場合、住宅内を通っている配管が劣化している可能性があります。
そうなると、トイレをリフォームした方がいいでしょう。
放置しておくと、状況が悪化してしまう可能性が高いです。

また、この場合、トイレ以外の部分のリフォームを検討したほうが良いでしょう。
トイレ以外の部分というのは、キッチンや洗面所などの水回りの設備を指しています。

なぜなら、配管が劣化している場合、トイレだけでなく、他の水回りの設備にも影響しているかもしれません。
すると、トイレのリフォームが完了しても、次は、キッチンのリフォームをしないといけないというケースになる場合もあります。

□トイレリフォームの費用を抑えるポイント

トイレリフォームのきっかけについて述べました。
では実際に、リフォームするとなった際、少しでも費用を抑えたいと思いますよね。
そのためにも、リフォームの費用を抑えるポイントをご紹介します。

まず、リフォームをするにあたって、トイレリフォームに強い業者を選びましょう。
そもそも、トイレのリフォームは、リフォーム業者を選ぶところから始まっています。
そのため、信頼や実績が多い業者を選んだほうがいいのです。

また、業者を選ぶ際は、自社施工しているかも確認しておいた方がいいでしょう。
自社施工とは、その業者自体がリフォームの施工を行うというものです。
自社施工していない業者では、他の業者に依頼しているので、仲介手数料を支払う必要があります。
しかし、自社施工の業者であれば、仲介手数料は必要ありません。

業者選びの他にも、トイレのリフォーム自体の費用を抑える方法があります。
それは、リフォームするトイレのグレードを下げる方法です。
トイレにも、性能の高さや、使いやすさによって、グレードが存在します。
そして、グレードによって費用も変化します。
そのため、トイレのグレードを下げることで、費用を抑えることが可能です。

□まとめ

今回は、トイレリフォームのきっかけについてご紹介しました。
トイレリフォームのきっかけは、人によってそれぞれ違います。
しかし、老朽化や劣化に関しては、注意しておきましょう。
ご不明なことがあれば、いつでも当社にお問い合わせください。
水回りのリフォームに関することでしたら、当社にお任せください。

リプラのホームページへ