トイレをリフォームするきっかけとは?奈良でリフォームにお困りの方へ!

「奈良市に住んでいて、トイレのリフォームをしようか悩んでいる!」
「トイレのリフォームをするきっかけについて教えてほしい!」
トイレのリフォームに関して、こういった声をよく耳にします。
トイレをリフォームするきっかけは何なのでしょうか。
今回は、トイレリフォームのきっかけについてご紹介します。

□トイレをリフォームするきっかけ

住宅のリフォームの中でも、多くの方がトイレをリフォームされています。
では、トイレのリフォームはどういったきっかけで行うのでしょうか?
まずは、トイレリフォームのきっかけについて、代表的なものをご紹介します。

*トイレの性能が劣化した

どんなものでも、長期間使用していれば、その性能は劣化していきます。
それは、トイレに関しても同じことが言えます。
何年も、同じトイレを使っていると、トイレも劣化していきます。

トイレが劣化すると、水が流れにくくなったり、破損したりするかもしれません。
そのため、少しでも、使いづらいなと感じたら、リフォームを検討するのも良いかもしれません。

劣化したトイレを使い続けていると、さらに状況が悪化してしまう危険性も考えられます。
そのため、トイレの欠陥を見つけたら、早急に対応しましょう。

*家族のスタイルが変化した

トイレは、人間の生活において、必要不可欠の設備です。
そして、家族が共有して使う場所でもあります。
そのため、家族の生活スタイルが変化した際に、トイレをリフォームされる方が多いです。

特に、出産のタイミングでリフォームされる方が多いでしょう。
これまで使用していたトイレが和式のトイレの場合、妊婦にとってかなりの負担やストレスとなってしまいます。
そのため、できるだけ負担を減らせるように、洋式のトイレにリフォームされる場合が多いです。

また、妊婦のためではなく、生まれてくる赤ちゃんのことも考えて、リフォームするのがいいでしょう。
トイレは、家族全員が使いやすいと思えるような場所にしましょう。

*トイレの老朽化や、配管が劣化した

トイレの老朽化も、リフォームするタイミングの一つでしょう。
便座にひび割れが発生したり、ウォシュレットが故障したりしてしまうケースは少なくありません。

この際、故障する前に気づければ、リフォームによって被害を最小限に抑えられます。
しかし、トイレが故障してしまってからリフォームする場合は注意が必要です。
故障したからといって、急いでリフォームをして、失敗してしまったというケースが多いからです。
そういった場合こそ、落ち着いて対応することが重要なのです。

その他にも、配管の劣化でリフォームされる方も多いでしょう。
トイレの配管がうまく機能していない場合、住宅内を通っている配管が劣化している可能性があります。
そうなると、トイレをリフォームした方がいいでしょう。
放置しておくと、状況が悪化してしまう可能性が高いです。

また、この場合、トイレ以外の部分のリフォームを検討したほうが良いでしょう。
トイレ以外の部分というのは、キッチンや洗面所などの水回りの設備を指しています。

なぜなら、配管が劣化している場合、トイレだけでなく、他の水回りの設備にも影響しているかもしれません。
すると、トイレのリフォームが完了しても、次は、キッチンのリフォームをしないといけないというケースになる場合もあります。

□トイレリフォームの費用を抑えるポイント

トイレリフォームのきっかけについて述べました。
では実際に、リフォームするとなった際、少しでも費用を抑えたいと思いますよね。
そのためにも、リフォームの費用を抑えるポイントをご紹介します。

まず、リフォームをするにあたって、トイレリフォームに強い業者を選びましょう。
そもそも、トイレのリフォームは、リフォーム業者を選ぶところから始まっています。
そのため、信頼や実績が多い業者を選んだほうがいいのです。

また、業者を選ぶ際は、自社施工しているかも確認しておいた方がいいでしょう。
自社施工とは、その業者自体がリフォームの施工を行うというものです。
自社施工していない業者では、他の業者に依頼しているので、仲介手数料を支払う必要があります。
しかし、自社施工の業者であれば、仲介手数料は必要ありません。

業者選びの他にも、トイレのリフォーム自体の費用を抑える方法があります。
それは、リフォームするトイレのグレードを下げる方法です。
トイレにも、性能の高さや、使いやすさによって、グレードが存在します。
そして、グレードによって費用も変化します。
そのため、トイレのグレードを下げることで、費用を抑えることが可能です。

□まとめ

今回は、トイレリフォームのきっかけについてご紹介しました。
トイレリフォームのきっかけは、人によってそれぞれ違います。
しかし、老朽化や劣化に関しては、注意しておきましょう。
ご不明なことがあれば、いつでも当社にお問い合わせください。
水回りのリフォームに関することでしたら、当社にお任せください。

リプラのホームページへ

奈良でトイレリフォームを検討している方必見!注意点をおさらい!

「奈良でトイレのリフォームをするにあたって、注意点を紹介してほしい!」
このように、トイレをリフォームしたいとお考えの方は多いかもしれません。
トイレをリフォームする前に、基礎知識と注意点を知っておいた方がいいでしょう。
そこで今回は、トイレをリフォームする際の注意点についてご紹介します。

□トイレリフォームの基礎知識

トイレリフォームをしたいという方のために、まずは、トイレをリフォームする際の基礎知識について見ていきましょう。
基礎知識を知っていないと、リフォームのプランを考えられません。
まずは、しっかりと基礎知識を知っておきましょう。

始めに、トイレの広さについて確認しましょう。
トイレの広さが狭いため、スペースを広くするリフォームを検討している方も多いのではないでしょうか。
トイレの広さは、トイレ本体との関わりも強いので、慎重に決める必要があります。

もちろん、狭すぎてしまったら使いづらいトイレになってしまいます。
しかし、トイレが広すぎても、かえって使いにくいですし、掃除の手間も増えてしまいます。
そのため、どれくらいの広さが望ましいのか知っておいた方がいいでしょう。

トイレの広さは、一般的なものだと、0.4〜0.75坪ほどの広さのものがほとんどです。
トイレの広さに合わせて、トイレの最適なサイズも変わってきます。
そのため、どのくらいの広さで、どういったトイレを設置したいのか考えましょう。

目安としては、便器からドアまでの距離は約40センチメートル、そして壁からの距離は15センチメートルほどが望ましいと言われています。
しかし、これはあくまで目安ですので、自分の体の大きさに合わせて、調整したほうがいいです。

また、長期間の使用を検討しているなら、自分の体形の変化も考慮したほうがいいでしょう。
そのため、自分がちょうどいいと感じる広さから、少し大きめの広さにするのが望ましいです。

つぎに、排水のシステムです。
排水のシステムも、一般的には、二種類のシステムが挙げられます。
では、それぞれのシステムについて見ていきましょう。

一つ目は、床排水と言われるシステムです。
このシステムでは、名前の通り、排水管が床に設置されています。
そのため、普段の生活の中で、排水管が視界に入ることはありません。

もう一つのシステムは、壁排水です。
壁排水では、排水管が壁に沿って設置されています。
そのため、排水管を目で確認することが可能です。

では、排水のシステムが、どうリフォームに影響するのか気になりますよね。
これらにおいて重要なのは、排水管とどれくらい離れているのかということです。
床排水なら床からの距離、壁排水なら壁からの距離が重要で、便器を選ぶ際に必要です。
そのため、どちらの排水のシステムを用いているのか確認しておきましょう。

最後は、便器の種類についてです。
現在、一般的に用いられているトイレは、洋式トイレと和式トイレに分けられます。
リフォームした際に、どのトイレにするのか事前に決めておきましょう。
タイプだけでも決めておけば、リフォームをスムーズに進められます。

□トイレの洗浄方法

リフォームをする前に、洗浄方法についても見ておきましょう。
ここでは、四つの方法をご紹介します。

*エアドライブ式

エアドライブ式の特徴は、水だけでなく、空気を用いて洗浄することです。
洗浄の際の音も小さいので、人気の高いタイプです。

*サイホン式

溜水面が広いのがポイントです。
溜水面が広いことで、においが広がることや、汚れが付着することを予防できます。
最もスタンダードなタイプといえるでしょう。

*サイホンゼット式

サイホンゼット式は、便器上部と便器底のゼット口から洗浄水を流します。
両方から洗浄できるので、洗浄力が高いことがポイントです。

*洗い落し式

洗い落し式は、溜水面が狭いことがポイントです。
溜水面が狭いことで、においの軽減につながります。

□トイレをリフォームする際の注意点

それでは、トイレをリフォームする際の注意点について見ていきましょう。

トイレをリフォームする際、まず重要なのは、掃除のしやすいトイレにすることです。
節水型の便器なら、比較的、掃除の手間も軽減できるので、おすすめのタイプです。

また、温水洗浄便座を設置するのもいいでしょう。
温水洗浄便座は、主に冬場に役立ちます。

皆さんは、冬場のトイレの便座が冷たくて、我慢したことはありませんか?
そういった際に、温水洗浄便座なら、便座をあたたかい状態に保てます。

その他にも、お年寄りがいらっしゃるご家庭では、手すりの導入も検討した方がいいでしょう。
せっかくリフォームするなら、バリアフリーも取り入れたほうが良いでしょう。

□まとめ

今回は、トイレをリフォームする際の注意点についてご紹介しました。
トイレをリフォームする際の注意点は、ご紹介したものの他にもあります。
少しでも気になるという方は、お気軽に当社までお問い合わせください。
その他にも、トイレのリフォームに関することであれば、皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

リプラのホームページへ

トイレの水漏れですべき応急処置をご紹介します!

奈良県にお住みの方で、トイレの水漏れに困っていませんか?
トイレの水漏れは業者にしか対応できないものもありますが、自力で対応できるものもあります。
放っておくと大きな被害をもたらす洋式トイレの水漏れに関する、あなたにもできる応急処置や処置できないパターンを解説します。

□トイレの水漏れのうち、自分で処置できるのは?

ひとくちに水漏れといっても、様々な原因・症状があります。
ここではあなたが一時的にでも処置可能な問題を解説していきます。

*ロータンクから水漏れ音がする

便器の後ろにあるロータンク(水が溜まったタンク)内の部品についての不具合が考えられます。
この場合はロータンク内から水が漏れるような音がします。
その場合は以下の二か所を調べてみましょう。

ひとつは、浮き球における不具合です。
浮き球とはその名の通り、ロータンク内に浮いている球を指します。
タンクの蓋を開けてみて、仮に浮き球が割れてしまっていると、メーカーに相談して新品に換えてもらうよりありません。

浮き球の形状に問題がないことを確認した上で不具合を調べる方法として、一度浮き球を持ち上げ水の動きを確認すると良いです。
それで水が止まれば浮き球の一時的な不具合なので、修理可能です。
(水が止まらなければ、□処置できない問題は?まで進んでください)

もうひとつは、フロートバブルの不具合です。
フロートバブルは浮き球と同じくロータンクの中にあり、便器に水が流れるのをせき止めているゴム栓です。
水を流すときに回すレバーと鎖でつながっていることが確認できますね。
フロートバブルが壊れていると、便器にも水が漏れてきます。

*便器が割れることもある

頑丈な素材でできている便器ですが、ものがぶつかったりすることでひび割れが起こることもあります。
基本的に交換することになりますが、一時的な応急処置はできます。

□自分でもできるトイレ水漏れの応急処置

上で挙げた原因・症状について行える応急処置を解説します。

*ロータンク内部の不具合は対処できる

処置できるロータンク内部の不具合として、浮き球とフロートバブルの二つがありました。
それぞれ解説していきます。

ひとつは浮き球ですが、特殊な道具は必要なく、位置を調整することで修理が完了します。
まず浮き球が沈んでいるときは持ち上げてからゆっくりと置き、水面に浮かせましょう。
このとき、オーバーフロー管(水があふれるのを防ぐために水を流すパイプ)を確認します。
標準水位の印が描かれているはずなので、その水位に合わない場合は水位調整リングを回して調整を行いましょう。
水位調整リングは、浮き球をたどった先あたりにあります。
調整が済んだら水を流してみて、浮き球が動作した上で水位が標準水位の印に合うかを確認し、完了です。

もうひとつはフロートバブルですが、単純な仕組みなので修理方法もシンプルです。
鎖が絡まっている場合は鎖をほどくだけで直ります。
またフロートバブルが劣化している、あるいは鎖が切れている場合は、それらをホームセンターなどで購入し取り換えましょう。
取り換えの際は止水栓を締め、水の供給を止めます。
交換後の鎖の長さは交換前の鎖と同じ長さに調整し、もとの位置に戻るように調整するのが大切です。
水を流し、フロートバブルがきちんと動作すれば完了です。

*ひび割れは応急処置をして業者を呼ぶ

ひび割れに対しては、新品の便器に交換することになります。
ただし業者に連絡する前に、ひびを補修しておきます。
ホームセンターなどで防水パテを購入し、便器のキズをふさぎます。
これはあくまで応急処置なので、補修しても便器は使わず、新品の便器との交換を待ちましょう

□応急処置できないのはどんなとき?

応急処置ができる問題もある一方で、自力では対処が難しい問題もあります。
これらの症状が見られた場合は、躊躇せず業者に連絡しましょう。

ロータンクの中にはまだ問題源があります。
浮き球に不具合があるかを調べる際に浮き球を引き上げましたが、このときに水が止まらない場合、ボールタップという別の部品が壊れています。
新しい部品に交換しましょう。

トイレの給水管と壁の間には止水栓がついていますが、これが劣化してしまうと止水栓から水が漏れてきます。
内部のゴムパッキンが劣化しているのですが、ゴムパッキンが手に入らないことも多く、部品全体を交換することになります。

便器は何ともないのに床が濡れている場合は、便器接地面や排水管から水が漏れています。
床材が濡れて腐ったりカビになったりするので、早めに修理を依頼しましょう。

このような不具合が起こった場合、ぜひとも弊社にご相談ください。
地域密着で93年の歴史を持つ弊社が、奈良県の水回り問題を解決します。

□まとめ

本記事ではトイレの水漏れの原因と症状、その際にできる応急処置を解説しました。
水漏れは放置すると大きな被害に繋がります。
応急処置が終わった後も、できるだけ早く弊社に修理をご依頼ください。

リプラのホームページへ