洗面所で水漏れが起きた場合の応急処置とは?

奈良県にお住まいの方で、洗面所が水漏れし、どうすればいいかわからなくなっていませんか?
水漏れの修理は自分でできる応急処置も多くあります。
本記事では原因の特定から修理方法まで幅広く解説していきます。

□水漏れ箇所を確認して元栓を閉める

はじめに行うのが、水漏れ箇所の確認ですが、水が大量に流れ出ている場合は先に元栓を閉めておきましょう。
雑巾とバケツを用意し、水を流します。
給水管や各種パイプ、蛇口などを触りながらくまなく調べ、水漏れ箇所を特定しましょう。
水漏れ箇所を確かめたら、次は元栓(止水栓)を閉めます。
水漏れを放っておくと床が水浸しになってしまう恐れがあるので、処置や修理の前には必ず元栓、つまり止水栓を閉めます。
止水栓は洗面台の下にある排水管の根本に取り付けられています。
マイナスドライバーを使うか、手で止められる蛇口式のものもあるので、必ず止水栓を閉めましょう。
また、もし洗面台の下に止水栓が見つからない場合、家の外にある大元の止水栓を止めるようにしましょう。
集合住宅なら水道メーターの横にあり、戸建住宅なら地面に埋まっていて蓋がされていることもあります。
家全体の水道が止まってしまいますが、洗面台の水漏れを放置すると床が腐るなど致命的な二次被害に繋がるので、優先して水を止めましょう。

□水漏れの原因は?

水漏れの原因としては、水漏れ箇所の部品が壊れていたり不具合が起こっていたりすることなどがあります。
それぞれ用意する道具や取れる応急処置が違いますので、部品の違いから原因を特定しましょう。

*ナットやパッキンの劣化

ナット・パッキンはホースやパイプの繋ぎ目に使われる部品で、金具のナットで部品同士を繋ぎ、パッキンで隙間を埋めることで水漏れを防いでいます。
ナット・パッキンが使われている箇所として以下のようなものがあります。

・止水栓と給水管ホースの間
・S字やP字の形状になっているパイプの繋ぎ目
・排水管の繋ぎ目

部品の名前を特定する必要はありませんが、このように様々な部品の繋ぎ目にナット・パッキンが使われています。
また、ナットはないもののパッキンだけが使われている箇所もあり、以下のようなものがあります。

・シャワーヘッド
・蛇口のレバー

このように、パッキンは水漏れを防ぐためにいたるところで使われており、水漏れ原因の多くはナットやパッキンにあると言えるでしょう。

*ナットやパッキンに問題がない場合は?

ナット・パッキンに不具合がない場合、他の原因としては、内部にゴミなどが詰まっているか、各部品が壊れているかもしれません。
排水管の内部で髪などが詰まっていると、ナットやパッキンが機能しているにもかかわらず水漏れすることがあります。
詰まることでパッキンが防げる水の量を超えてしまっているのです。

排水管から水漏れしている場合は、ヒビ割れ状態になっている可能性も否定できません。
ヒビが入っている場合、将来より大きなヒビが入り大きな被害が出ることもあります。
また排水ホースに穴が空いてしまっているのも部品の損傷になります。

□自分でもできる応急処置

ここからは、上記のような原因に対してあなたが行える応急処置を解説します。
注意点として、応急処置や修理をする場合は必ず先に止水栓を閉めることに注意してください。

*ナットは締める・パッキンは買い替える

ナットが緩んでいることが原因の場合、プライヤーやレンチを使用してナットを締めることによって水漏れは直ります。

ナットを締めても水漏れが直らない場合はパッキンが劣化しているのが原因なので、パッキンを取り換えることにより自分で直せます。
パッキンはホームセンターなどでサイズの同じものを用意しましょう。
バケツを用意して水漏れに備えながらナットを緩め、新しいパッキンに付け替え、再びナットを締めます。
最後に止水栓を開けて水を流し、水漏れしないことを確認できれば修理完了です。

止水栓のパッキンも同様に交換が可能ですが、家の大元の止水栓を開けたまま作業すると水があふれ出てしまうので注意しましょう。
蛇口のレバー内などにあるパッキンも、基本的には分解すれば交換が可能です。
ただし蛇口やシャワーヘッドは工程が増え難易度が高くなります。
パッキンの交換に自信がない場合は業者へ依頼するのが安全です。

*その他の原因への対処方法

排水管の詰まりに対しては、市販の液体パイプクリーナーを購入して使用するのが最も簡単です。
排水管のぬめりや汚れを洗い流せます。
排水ホースに穴が空いている場合は、いったん応急措置として防水テープで穴を塞ぎ、交換します。
排水管がヒビ割れていたり亀裂が入っていたりと破損している場合も、取り換えることになります。
部品を購入して行うことも可能ですが、応急処置の後は業者に依頼するのが安全です。

□まとめ

洗面所で起きる水漏れの原因と応急処置の方法を解説しました。
部品の交換は自分でできるものもありますが難しく、安全に行いたいなら専門業者に任せるのが一番です。
奈良県で水漏れの修理が必要な場合は、地域密着で93年の歴史を持つ弊社にぜひ一度お問い合わせください。

リプラのホームページへ

水回りリフォームで注意するべきポイントとは?

「水回りをリフォームしたい。」
「リフォームする際に、どんなことを注意したらいいだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
デザインや機能性、配置など、注意点がたくさんあります。
また注意点はキッチンやお風呂など、場所によって異なります。
そこで今回は、水回りそれぞれをリフォームする際の注意点についてご紹介します!

□トイレリフォームの場合


トイレのリフォームと言ってもお客様によって、変更したい点は違います。
便座を交換したい人もいれば、内装を変えたい人、トイレのスペースを広げたい人もいます。
しかし絶対に注意してほしい点が2つあります。

*トイレの便器サイズの大きさ


大きい便座のほうが座り心地や安心感があるので、大きいサイズを選ぶ方が多いです。
しかし、大きくなった分、他のスペースが小さくなります。
そのため、座っていると窮屈に感じたり、掃除がしにくかったりします。
このように、便器のサイズを考える時はトイレのスペース全体を考えるようにしましょう。

*トイレの手洗い場の位置


手洗い場を設置するリフォームの場合、スペースがないとタオルかけを近くに置けないことがあります。
手洗い場からタオルまでが遠いと水が落ちてしまい、床が濡れてしまいます。
これでは快適にトイレを使えなくなってしまいますよね。
リフォームする際は手洗い場のスペースを意識しましょう。

このようにトイレリフォームの注意点はスペースの管理と適切な配置ができているかが重要になります。
トイレの空間を良くするためには、機能性、デザインだけでなく、これらも一緒に気を付けましょう。

□洗面台リフォームの場合


洗面台のリフォームで一番注意しなければならないのが、洗面台のスペースが狭くなってしまうことです。
朝のように、同じ時間帯に人が集まる洗面所が小さくなると、全員が使えなくなってしまいます。
また歯ブラシの置き場所といったスペースも確保し、快適に洗面台を使えるよう注意しましょう。

□キッチンリフォームの場合


注意点としてはキッチン全体のスペースを考えることです。
一部分だけリフォームしてそこだけ大きくしてしまうと、他の場所が窮屈になってしまいます。
例えば、キッチンを大きくしすぎると、調理スペースが狭くなってしまいます。
また、調理スペースを確保しようとすると、調味料や洗い物かごを置いておくスペースを確保できなくなるかもしれません。
このように他の場所へ、しわ寄せが行ってしまいます。
リフォームする際はこのようにならないようにしましょう。

□お風呂リフォームの場合


お風呂は浴槽だけでなく他のところのリフォームも必要となることが多いです。
理由は湿気や水が壁や床に残っていると、そこにカビや水垢が発生するからです。
注意することは、窓の大きさや光の明るさが挙げられます。
窓が大きすぎると場所によっては外から丸見えになってしまいます。
窓は曇りガラスにしたり、外から見えにくい構造にしたり、安心して使えるようにしましょう。
またお風呂の中が明るすぎると、外から見えやすくなるので一緒に気を付けましょう。

□まとめ


今回は水回りのリフォームの注意点についてご紹介しました。
当社では、地域密着型の高品質なサービスでお客様のご要望にお応えします。
無料でご相談を受け付けていますので、奈良県にお住まいでキッチンリフォームについてお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

リプラのホームページへ

水回りのリフォームは何年経ってからするべき?

「水回りの設備が故障してしまった。」
「リフォームしたいけど、いつごろすべきか分からない。」
「リフォームの目安の時期や、しないといけないときのサインなどがあれば教えて欲しい。」

そんな方はこの記事を読むことをおすすめします。
今回は水回りのリフォームは何年たってからした方がよいかについてご紹介します。

□いつリフォームするかは大切です

リフォームをいつするかということはとても大事な意味を持っています。
なぜなら、時期によっては工事にかかる額が大きくなってしまう場合や工事期間が長くなってしまう場合があります。
つまりそれらは、適切なリフォームの時期を逃してしまっているのです。

*まずは築20年でリフォーム

水回りのリフォームを考えるときは、20年を目安にしましょう。
もし、何も異常がでていないとしても、20年も使っていたら不調はでてくるものです。
しかし、20年もたっていなくても何か不調が見つかった場合は、20年たっていなくても工事すべきかもしれません。

*リフォームに適している時期

次に、リフォームをしてもいいかなという時期がいつかについてご説明します。
そこまで設備に不備があるわけでもないが、そろそろしておかないと後々大掛かりなリフォームが必要になるという時期です。
それは、カビや匂いが気になりだした時期です。
どれだけ掃除しても、カビや匂いが取れないということが起きてきます。
また、小さな不具合が見つかる時期から始めてもよいでしょう。
お湯が出ないときがあったり、水の出が悪いときがあったりと、そこまで生活に支障はないが、気になる点が出てきたときはリフォームを考え始めてもよいでしょう。

*リフォームしなければならないタイミング

最後にリフォームしなければならない時期についてご説明します。
壁に亀裂が走っていたり、トイレの水が止まったり、お風呂の床がへこんでしまったりと、家の構造自体の不備が見つかってきたら、リフォームしなければならないサインです。
そんな症状が見えてきだしたら、見えていない部分も悪化している場合があります。
そんな時は、業者など専門家に一度みてもらいましょう。

□まとめ

以上、水回りのリフォームは何年たってからした方がよいかについてご紹介しました。
今回の記事を参考に、水回りリフォームについて検討してみてください。
また、当社は水回りのリフォーム専門店として、お客様に寄り添ったサービスを展開しています。
何か相談したいことがあれば、是非お問い合わせください。

リプラのホームページへ