お風呂のリフォームに失敗しないためのコツを奈良の専門家がご紹介

「奈良でお風呂のリフォームをしたいけれど、失敗したくない!」
お風呂をリフォームしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか?
しかし、注意しておかないと、お風呂のリフォームに失敗してしまう可能性があります。
そこで今回は、お風呂のリフォームの失敗事例と、失敗しないためのポイントをご紹介します。

□お風呂のリフォームの失敗事例

お風呂のリフォームにも、失敗する可能性はあります。
失敗する原因は、プランの中に見落としていた点があったことや、完成形のイメージを共有できていなかったことが多いです。
では、お風呂のリフォームにはどういった失敗事例があるのでしょうか?
対策方法を学ぶためにも、まずは失敗したケースを見ていきましょう。

*プランにはなかった工事の追加

リフォームの工事には、不測の事態がつきものです。
浴室の壁をリフォームするために、洗面所のリフォームも必要になってしまったなどというケースが多く見られます。
このように、リフォームの工事は、予想がつかないということを考慮しておいてください。

そして、プランには含まれていなかった工事が増えるということは、その分、費用も増えてしまいます。
そうして、予算が足りないという状況に陥ってしまうのです。
そのため、予算は余裕を持っておいた方がいいでしょう。
万が一、追加の工事を要求されても対応できるようにしておいた方が良いです。

予算の変更が厳しいという方は、プランを考え直した方がいいでしょう。
無理に工事を進めてしまうと、時間が経つにつれて、他の部分に影響を及ぼす可能性があります。
そのため、そういった危険性は、プランを考える段階で無くしておきましょう。

*お風呂の大きさ

お風呂をリフォームされる方の中には、バスタブをリフォームされる方も多いでしょう。
バスタブのリフォームの失敗事例としては、バスタブの大きさが挙げられます。
予想よりも、小さすぎたり、大きすぎたりしてしまう方が多いようです。
では、バスタブの大きさは、どう影響するのでしょうか。

私生活の中で、入浴の時間がリラックスできる時間だと感じる方も多いのではないでしょうか?
しかし、バスタブが小さすぎると、足が伸ばせないのでリラックスできず、ストレスが溜まってしまう原因となってしまいます。
また、バスタブが大きすぎても、かえって落ち着けません。
そして、バスタブが大きくなればなるほど、掃除の手間もかかってしまいます。

このように、バスタブの大きさは、生活に大きく影響します。
そのため、バスタブをリフォームするなら、自分や家族に合った大きさにしましょう。

*不要な設備の導入

お風呂のリフォームでは、ユニットバスや、テレビを設置される方も多いです。
これからリフォームを検討している方の中にも、これらを設置したいという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ユニットバスやテレビを設置する際は、十分に注意しましょう。
これらの設備を導入する前に、本当に必要なのか考えてください。
もし、必要ないのに設置してしまっても、無駄な費用を使ってしまうだけです。

また、設備を増やせば増やすほど、手入れをするのが大変です。
そのため、将来的なことを考慮して、設備の導入を検討しましょう。

□お風呂のリフォームに失敗しないためには

これまで、お風呂のリフォームの失敗事例を見てきました。
そこで、次は、お風呂のリフォームに失敗しないためのポイントをご紹介します。
それでは、三つのポイントについて見ていきましょう。

まず、一つ目のポイントは、リフォームのタイミングを逃さないということです。
リフォームする方は、どこかのタイミングで、リフォームをしたいと思うはずです。
リフォームを検討される方の中には、つい、リフォームのプランを引き延ばしてしまうという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、リフォームをしたいと思うということは、それだけお風呂が劣化しているということです。
そのため、リフォームのタイミングを引き延ばしても、余計に劣化してしまうだけです。
リフォームをしたいと感じたら、できるだけ早くプランを考えましょう。

二つ目のポイントは、洗面所のリフォームも同時に行ったほうがいいということです。
お風呂のリフォームは、洗面所にも大きく影響します。
そのため、同時にリフォームしたほうが、両方の面からプランを考えることが可能です。
そうすると、リフォームに失敗するリスクも減少するでしょう。

三つ目のポイントは、必ず給湯器を交換する必要はないということです。
お風呂のリフォームには、給湯器の交換も必要だと思っていませんか。
給湯器の耐久年数は、バスタブと比較しても長い場合が多いです。
そのため、必ず給湯器を交換する必要はないのです。
まだ使用できるものは、そのままにして、リフォームの費用をできるだけ抑えましょう。

□まとめ

今回は、お風呂のリフォームの失敗事例と失敗しないためのポイントについてご紹介しました。
お風呂のリフォームに失敗してしまう方は、特に多いです。
リフォームに失敗しないためにも、当社にご相談してみてはいかがでしょうか。
当社のプロが、皆様のリフォームをサポートいたします。

リプラのホームページへ

奈良でお風呂リフォームをしたいなら!リフォームの流れを知りましょう!

「奈良市でお風呂のリフォームを検討している!」
「お風呂のリフォームの流れを教えてほしい!」
お風呂のリフォームを検討している方はいらっしゃいませんか?
そういった方のために、今回はお風呂をリフォームする際の流れを紹介します。
リフォームの流れをあらかじめ知っておくことで、疑問点を無くしておきましょう。

□お風呂のリフォームの流れについて

お風呂のリフォームを依頼する前に、リフォームの流れを知っておきましょう。
リフォームの流れとしては、大きく3つの手順を紹介します。

*理想のお風呂をイメージする

まずは、リフォームした後に、どういったお風呂にしたいのかイメージしましょう。
現在、使用しているお風呂の改善したいポイントをまとめると、自然と理想のお風呂がイメージできるはずです。
また、家族と一緒に使われている方なら、家族の意見も取り入れることを忘れないでください。
もし、改善したいポイントが多い場合は、それぞれに優先順位をつけるのが良いでしょう。

ある程度のイメージが膨らんだら、リフォームの予算も決めておきましょう。
お風呂のリフォームでは、テレビやジェットバスなどを設置することも可能です。
お風呂をリフォームするなら、新しい設備を取り入れたいという方も多いでしょう。
しかし、これらを設置する際は、本当に必要な設備かよく考えてきましょう。
せっかく、新しい設備を導入しても、使わないままだと掃除の手間が増えてしまうだけです。

*イメージに合った業者を選ぶ

お風呂のリフォームをイメージできたら、リフォーム業者を選びましょう。
リフォーム業者を選ぶ際は、自分のリフォームのイメージと合うような業者を選びましょう。
イメージが合わない業者を選んでしまうと、後悔する可能性があります。
後悔しないためには、自分の理想とマッチする業者を選ぶことが重要です。

また、お風呂をリフォームする場合、リフォームの費用も気になりますよね。
リフォームの費用は、工事内容が同じ場合でも、業者によって違いがあります。
そのため、業者を選ぶ際には、それぞれの業者の見積金額を出してもらいましょう。
その場合、業者によって工事の内容を変えるではなく、同じ内容を提示してください。
工事内容に差があると、正確な金額を比較できません。

*リフォームの準備をする

リフォーム業者を選んで、契約を結んだら、いよいよ工事が始まります。
リフォームの工事が始まる前に、工事の着工日と完了日は必ず確認しておきましょう。
そして、近所の方への挨拶も忘れずに済ませておきましょう。
リフォームの工事では、大きな音が出てしまいます。
後から、トラブルに発展することを防ぐためにも、近所の方への報告を行いましょう。

□お風呂リフォームの工事期間について

お風呂リフォームをするということは、工事の期間はお風呂を使えない場合があります。
では、お風呂のリフォームには、どれくらいの工事期間がかかるのでしょうか?
自分だけでなく、近隣の方のためにも、工事に必要な期間は把握しておきましょう。
結論から言うと、お風呂のリフォームの工事には、長ければ5日間かかります。

しかし、工事の内容によっては、さらに期間が長くなる可能性もあります。
また、ユニットバスへのリフォームをする場合、ユニットバスの納品にも期間が必要です。
目安としては、ユニットバスの納品には2週間かかると言われています。

ここでお伝えした工事の期間は、あくまで目安です。
そのため、リフォーム業者に確認することを忘れないようにしましょう。
また、リフォームの工事期間が延長される場合もあります。
その場合、業者の方から直接連絡が来ることが多いです。
このように、工事の期間が延長する可能性もありますので、余裕を持ったスケジュールを決めることが重要です。

□追い焚き機能を付けたい場合

お風呂に追い焚き機能を付けたいという方もいらっしゃるでしょう。
多くの方が、お風呂のリフォームと追い焚きの工事が同じ工事であると思っているのではないでしょうか。
しかし実は、追い焚きの機能を付ける場合、お風呂のリフォームとは別の工事が必要です。
なぜなら、追い焚きを取り入れるためには、給湯器を交換する必要があるからです。

しかし、今の予算では追い焚きの工事の費用が足りない場合もあるでしょう。
そういった場合は、追い焚きのための配管を設置するだけでも、リフォームと一緒に行うことをおすすめします。
配管の工事が済んでいれば、給湯器を交換するだけで追い焚き機能を使用できます。
まとめて行える工事は、できるだけ一緒に依頼しましょう。

□まとめ

今回は、お風呂をリフォームする際の流れを紹介しました。
リフォームの流れは理解していただけましたか?
もっと具体的な情報を知りたいという方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
当社は、お風呂やトイレのリフォームを専門に、皆様のご相談を受け付けております。
皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

リプラのホームページへ

最近注目のミストサウナの効果とは?

「リフォームでミストサウナを導入したい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
ミストサウナに憧れの方は多いです。
しかし、ミストサウナはリフォームで導入できるのでしょうか。
そこで今回は、リフォームでお風呂にミストサウナを導入することについて、奈良の業者が解説します。

□ミストサウナのメリット

そもそもミストサウナとはどのようなものでしょうか。
サウナと言って思い浮かべるのは、銭湯にある100度くらいの熱い空間だと思います。
普通のサウナは、湿度が低いことが特徴的でしょう。
一方ミストサウナは、湿度が高いサウナです。
室温も50度程度です。
ドライサウナとミストサウナは、健康の観点から言えば、同じ効果が得られるため、ドライサウナかミストサウナかは、好みによって選びましょう。

では、ミストサウナにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ミストサウナには、リラクゼーション効果があります。
そのため、1日の疲れを癒してくれます。
また、多湿が特徴なため、髪やお肌を潤してくれます。
ミストサウナは、低温なので、息苦しさがありません。
多湿なため、呼吸器への負担もなく、体に優しいサウナです。
また、呼吸器への負担がないどころか、呼吸器が潤うと言う効果もあり、風邪予防にも役立ちます。

□壁掛けのミストサウナがおすすめ

さまざまなメリットのあるミストサウナですが、自宅で実現するにはどのようにすれば良いのでしょうか。
自宅にリフォームでミストサウナを取り付ける場合、大きく分けて2種類の方法があります。

1つ目は、天井に埋め込むタイプです。
こちらのタイプは、浴室ごと一新する大規模なリフォームで取り付けるため、完全に天井と一体化するのが特徴です。
そのため、見た目がすっきりするでしょう。
また、天井にスペースをとるため、浴室を広々と使えます。

2つ目は、壁に掛ける外付けミストサウナです。
こちらのタイプは、部分的なリフォームで取り付けられます。
埋め込むタイプと比べた場合、見た目がすっきりしておらず、場所もとるため注意しましょう。
しかし、安価で取り付けられ、工期が短いと言うメリットがあります。
そのため、安価で早くミストサウナを取り付けたいと言う場合、こちらの壁掛けタイプをおすすめします。
自分の家や自分の希望に沿ったミストサウナを選びましょう。

□ミストサウナの注意点

ミストサウナは、後付けで設置できます。
しかし、後付けでミストサウナを設置する場合は注意しましょう。
なぜなら多くの浴室がミストサウナを設置する用に作られてないため、ミストサウナを設置することで、悪影響を及ぼす場合があるからです。

まず確認する必要があることが、浴室の防水性です。
お風呂は防水性が高いとお考えの方もいらっしゃいますよね。
確かに、システムバスなどのユニットバスであれば、気密性が高く、防水性も高いです。
しかし、タイル張りなど、従来型のお風呂の場合、防水性が低いでしょう。

ミストサウナでは、非常に細かなミストが舞います。
そのため、ちょっとした隙間にも蒸気が入り込みます。
従来型のお風呂であれば、ほぼ確実に蒸気が漏れ出てしまうでしょう。

お風呂の周りは木でできています。
そのため、ミストが外に漏れ出し、水滴を作ると、骨組みの木が腐ってしまいます。
ミストサウナを設置する場合、防水性は家の寿命を左右する要素でしょう。
またそのほかに、ミストサウナを使った後の湿度の注意点があります。
ミストサウナを使った後、そのままにしてしまうと、高温多湿の状態が続きます。
そのような状態が続いた場合、カビが発生しやすいため、使用後は必ず乾燥機を使いましょう。

□光熱費の注意点

ミストサウナは、電気やガスを使って動くため、当たり前ですが、光熱費がかかります。
そこで気になるのが月々のガス代でしょう。
ミストサウナの光熱費は、機械の性能により異なります。
また、お風呂の広さや密閉性も影響します。
そのため、一概に光熱費を計算できません。
しかし、少なくともミストサウナにかかる光熱費は安くないでしょう。
安くても月々1000円程度の光熱費がかかり、高ければ月3000円程度の光熱費がかかります。
光熱費はそんなにかからないと言っている業者もありますが、業者により計算方法はまちまちです。
中には、現実的でない計算方法をしている業者もあるため注意しましょう。
実際に、ミストサウナを使っていると、想定よりも電気代が高くなったと言う方が多いです。
そのため、ミストサウナを導入する際には、電気代が高くなる心づもりをしておいてください。

□まとめ

今回は、リフォームでお風呂にミストサウナを導入することについて紹介しました。
リフォームでミストサウナを導入する方法には2種類あるため、家の構造や予算にあった方を選びましょう。
また、ミストサウナには多くのメリットがありましたが、デメリットもあるため、後悔しないように、しっかりと確認しておきましょう。

リプラのホームページへ