奈良に在住の方必見!トイレリフォームの工事期間はどれくらい?

「トイレのリフォームにかかる時間の目安が知りたい。」
「工事の期間が長くなり、生活に支障をきたさないか心配。」
このようにお考えの方多くいらっしゃいませんか。
リフォームは作業内容によって、工事期間が変動することをご存知ですか。
そこで今回は、トイレのリフォームに必要な期間と注意点をご紹介します。

□作業内容と工事期間

洋式から洋式への交換、タンク式のトイレへの交換などは、数時間で工事が終わることが予想されます。
工事期間が短いため、仮設トイレの設置がない点には注意してください。
工事が始まる前にトイレを済ませておきましょう。
0.5〜1日かかる工事の内容は、便器の交換やタンクのないトイレへの工事が挙げられます。
こちらの工事も仮設トイレが設置されないことがあるため、用意して欲しい場合は業者の方に連絡してください。
また、携帯トイレを買って対策をしてもいいですね。
1〜2日で終わる工事は、和式から洋式への交換、タンクの撤去、洗い場の設置に関する水道工事です。
仮設トイレの設置は、業者によって異なりますが、2日間の工事であれば、トイレを設置してくれる業者が多いでしょう。
3日以上かかる工事は土台が安定していなかったり、水道管が経年劣化していたりが考えられます。
工事が3日以上かかる場合は、業者の方もお手洗いに困るため、仮設してくれることがほとんどですが、契約時に確認してください。
3日よりも長く工事が続くことはそれほど多くなく、2日以内で終わることの方が多いため、安心してください。

□リフォームする際の注意点

トイレのリフォームをお考えの方は、トイレの面積と壁材や床材に注意してください。
トイレは非常に限られたスペースのため、便器を以前より大きくしたり、手洗いを設置したりすると、圧迫感があります。
圧迫感を慧眼するためにも、スペースの有効活用を心がけましょう。
また、トイレは水を使ったり、汚れたりしやすいです。
そのため、トイレに使う壁材や床材は水に強く、掃除がしやすいものを選びましょう。
さらに、便器、床材、壁材を変更する際は、業者のサンプルやカタログをご覧になりますよね。
サンプルやカタログを見ただけで、製品を選ばないでください。
工事終了後にイメージと異なる場合があります。
これを防ぐために、必ずショールームで実物を確認しましょう。

□まとめ

今回は、トイレのリフォームに必要な期間と注意点をご紹介しました。
工事期間が変わることやリフォームの注意点をご理解いただけたでしょうか。
リフォームは写真を確認しただけではイメージがつきにくいため、必ずショールームなどで実物を見てください。
当社は、ショールームの予約を受け付けているため、ぜひご利用ください。

リプラのホームページへ