トイレの水漏れですべき応急処置をご紹介します!

奈良県にお住みの方で、トイレの水漏れに困っていませんか?
トイレの水漏れは業者にしか対応できないものもありますが、自力で対応できるものもあります。
放っておくと大きな被害をもたらす洋式トイレの水漏れに関する、あなたにもできる応急処置や処置できないパターンを解説します。

□トイレの水漏れのうち、自分で処置できるのは?

ひとくちに水漏れといっても、様々な原因・症状があります。
ここではあなたが一時的にでも処置可能な問題を解説していきます。

*ロータンクから水漏れ音がする

便器の後ろにあるロータンク(水が溜まったタンク)内の部品についての不具合が考えられます。
この場合はロータンク内から水が漏れるような音がします。
その場合は以下の二か所を調べてみましょう。

ひとつは、浮き球における不具合です。
浮き球とはその名の通り、ロータンク内に浮いている球を指します。
タンクの蓋を開けてみて、仮に浮き球が割れてしまっていると、メーカーに相談して新品に換えてもらうよりありません。

浮き球の形状に問題がないことを確認した上で不具合を調べる方法として、一度浮き球を持ち上げ水の動きを確認すると良いです。
それで水が止まれば浮き球の一時的な不具合なので、修理可能です。
(水が止まらなければ、□処置できない問題は?まで進んでください)

もうひとつは、フロートバブルの不具合です。
フロートバブルは浮き球と同じくロータンクの中にあり、便器に水が流れるのをせき止めているゴム栓です。
水を流すときに回すレバーと鎖でつながっていることが確認できますね。
フロートバブルが壊れていると、便器にも水が漏れてきます。

*便器が割れることもある

頑丈な素材でできている便器ですが、ものがぶつかったりすることでひび割れが起こることもあります。
基本的に交換することになりますが、一時的な応急処置はできます。

□自分でもできるトイレ水漏れの応急処置

上で挙げた原因・症状について行える応急処置を解説します。

*ロータンク内部の不具合は対処できる

処置できるロータンク内部の不具合として、浮き球とフロートバブルの二つがありました。
それぞれ解説していきます。

ひとつは浮き球ですが、特殊な道具は必要なく、位置を調整することで修理が完了します。
まず浮き球が沈んでいるときは持ち上げてからゆっくりと置き、水面に浮かせましょう。
このとき、オーバーフロー管(水があふれるのを防ぐために水を流すパイプ)を確認します。
標準水位の印が描かれているはずなので、その水位に合わない場合は水位調整リングを回して調整を行いましょう。
水位調整リングは、浮き球をたどった先あたりにあります。
調整が済んだら水を流してみて、浮き球が動作した上で水位が標準水位の印に合うかを確認し、完了です。

もうひとつはフロートバブルですが、単純な仕組みなので修理方法もシンプルです。
鎖が絡まっている場合は鎖をほどくだけで直ります。
またフロートバブルが劣化している、あるいは鎖が切れている場合は、それらをホームセンターなどで購入し取り換えましょう。
取り換えの際は止水栓を締め、水の供給を止めます。
交換後の鎖の長さは交換前の鎖と同じ長さに調整し、もとの位置に戻るように調整するのが大切です。
水を流し、フロートバブルがきちんと動作すれば完了です。

*ひび割れは応急処置をして業者を呼ぶ

ひび割れに対しては、新品の便器に交換することになります。
ただし業者に連絡する前に、ひびを補修しておきます。
ホームセンターなどで防水パテを購入し、便器のキズをふさぎます。
これはあくまで応急処置なので、補修しても便器は使わず、新品の便器との交換を待ちましょう

□応急処置できないのはどんなとき?

応急処置ができる問題もある一方で、自力では対処が難しい問題もあります。
これらの症状が見られた場合は、躊躇せず業者に連絡しましょう。

ロータンクの中にはまだ問題源があります。
浮き球に不具合があるかを調べる際に浮き球を引き上げましたが、このときに水が止まらない場合、ボールタップという別の部品が壊れています。
新しい部品に交換しましょう。

トイレの給水管と壁の間には止水栓がついていますが、これが劣化してしまうと止水栓から水が漏れてきます。
内部のゴムパッキンが劣化しているのですが、ゴムパッキンが手に入らないことも多く、部品全体を交換することになります。

便器は何ともないのに床が濡れている場合は、便器接地面や排水管から水が漏れています。
床材が濡れて腐ったりカビになったりするので、早めに修理を依頼しましょう。

このような不具合が起こった場合、ぜひとも弊社にご相談ください。
地域密着で93年の歴史を持つ弊社が、奈良県の水回り問題を解決します。

□まとめ

本記事ではトイレの水漏れの原因と症状、その際にできる応急処置を解説しました。
水漏れは放置すると大きな被害に繋がります。
応急処置が終わった後も、できるだけ早く弊社に修理をご依頼ください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です