奈良の水回りリフォーム専門店が解説!トイレの壁を綺麗にしましょう!

「トイレの臭いが気になるため、消臭したい。」
「黄ばみや黒ずみなどの汚れをなくしたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかし、消臭や除菌の方法や黄ばみや黒ずみの要因をリフォームで減らせることをご存知ない方が多いですよね。
そこで今回は、トイレの消臭、除菌、リフォームについて解説します。

□壁の掃除方法

*嫌な臭いをなくす

こまめに掃除していても匂いが気になるという方は、壁の掃除をしっかりと行っているか確認しましょう。
また、壁の掃除を行っていても、適切な掃除ができていない場合があるため、注意してください。
トイレの嫌な匂いの原因は、尿が発するアンモニア臭が壁に染み付いていることが予想されます。
アンモニア臭の対策として最も効果的なのは、クエン酸です。
アンモニア臭はアルカリ性で、それを中和するために酸性のクエン酸を使い、嫌な臭いを消しましょう。
壁に臭いが染み付いているからといって、ゴシゴシと拭く必要はありません。
表面を撫でるように拭きましょう。

*除菌する

トイレには無数の菌が存在しており、その菌が増えると、健康被害が生じる恐れがあります。
そのため、臭いだけでなく除菌に関してもしっかりと対策しましょう。
先ほど紹介した、クエン酸には消臭効果だけでなく殺菌効果もあるため、消臭対策と同様に優しく壁を拭いてください。
除菌は汚れを防止する上でも重要なポイントのため、意識的に行いましょう。

□リフォームのポイント

壁紙を張り替えて、汚れの対策をしても良いでしょう。
ただ新しい壁紙に変えるだけでは、あまり意味がありません。
汚れの種類ごとに壁紙の種類も変えてみたり、汚れがつきにくい壁紙を使ってみたりすると良いでしょう。
臭いの軽減を目的とする場合は、臭いの原因となる物質を吸収する壁紙に張り替えましょう。
黄ばみや黒ずみなどの汚れは、尿が飛び散ることで発生します。
汚れの発生を抑えたい場合は、除湿効果のある壁紙を使用するといいでしょう。
もちろん毎日掃除することはいいですが、少しでも掃除の負担を減らしたいですよね。
そのため、トイレの壁を張り替えて、掃除の負担を減らしてもいいでしょう。

□まとめ

今回は、トイレの消臭、除菌、リフォームについて解説しました。
消臭や除菌の方法をご理解いただけたでしょうか。
汚れの対策として、壁を張り替えてもいいでしょう。
健康に過ごすために消臭や除菌対策を施して、清潔な環境を維持しましょう。
リフォームに関して相談したい方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です