トイレ汚れの原因は何?

「トイレをお手入れする際のポイントが知りたい。」
「トイレの掃除をしにくいため、リフォームを考えている。」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいませんか。
最新のトイレには自動で洗浄と除菌ができることをご存知ですか。
そこで今回は、トイレの汚れの原因とお手入れのポイントやリフォームについてご紹介します。

□トイレ汚れの原因

トイレの黄ばみは尿石が原因です。
尿石とは、尿に含まれる成分が便器内に付着したものです。
また、黒ずみは黄ばみにカビが付着したものです。
汚れた状態で何もせずに放っておくと菌が溜まるため注意してください。
衛生面を考慮すると、菌の蓄積や繁殖はよくありません。
嫌な臭いも尿が原因です。
自ら進んで掃除をしようという方は少ないですよね。
しかし、定期的にお手入れをしないと汚れが溜まり、掃除が大変です。
そのため、汚れをためないように、トイレを使った後や汚れを見つけた時に掃除してください。

□お手入れのポイントとリフォーム

*便器をお手入れする際のポイント

まず始めに、便器の内側をトイレ用歯ブラシで水洗いしましょう。
汚れが取れない時は、トイレ用の洗剤を使いましょう。
尿が飛び散りやすい便器の外や床は水拭きしてください。
便座に暖房をつけている場合は、水拭きする前に電源を切るか、コンセントを抜きましょう。

*便座をお手入れする際のポイント

便座とフタは柔らかい布で水拭きをした後に、きつく絞った布で水分を拭き取りましょう。
乾いた布やトイレットペーパーを使って水分を取ろうとすると、傷をつけてしまう可能性があるため、やめてください。
便座やフタの付け根の部分のお手入れも忘れないように注意してください。
お手入れを忘れてしまうと、そこから菌が繁殖し、不衛生です。
定期的に便座とフタを取り外して、掃除してください。
便座やフタの取り外し方は、トイレの種類によって異なるため、購入したメーカーの指示に従いましょう。

*最新のトイレリフォーム

最新のトイレは、自動で洗浄や除菌をしてくれるため、非常に便利です。
また、機能性、デザイン性、快適性など重要な要素がたくさんあるため、よく考えて自分にあったトイレを探しましょう。
掃除が面倒でサボってしまいそうな方は、思い切ってリフォームすることをおすすめします。

□まとめ

今回は、トイレの汚れの原因とお手入れのコツやリフォームについてご紹介しました。
トイレの黄ばみは尿石が原因であることや乾いた布やトイレットペーパーが傷の原因であることをご理解いただけたでしょうか。
トイレのことで困っていたり、相談したいことがあったりする方は、当社までお気軽にご相談ください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です