【奈良県の方へ】トイレが故障したら?リフォームで新しくしよう!

「トイレが水漏れしてしまい、このままでは心配」
「そろそろリフォームしようかな?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
トイレが故障した時の選択肢として、修理とリフォームがありますが、どちらが良いかを判断するのは難しいですよね。
そこで今回は、リフォームするトイレの種類と、トイレのリフォームについてご紹介します。

□修理とリフォームどちらが良いの?

修理とリフォームを見比べると、一回ごとの費用は修理のほうが安く済みます。
ですが、本当にそうでしょうか。

*トイレの寿命は10年

トイレの寿命は約10年と言われています。
長い間使っているトイレは、修理しても、近いうちに違う部分がまた故障してしまうといったことが起きます。
そのため、何度も修理していると、一回の費用が安くても全体で見ると高くなってしまいます。

*長い目で考えるなら、リフォームがおすすめ

最新のトイレは節水性に優れているので、昔のものと比べ、年間で約1万円以上安くなる場合もあります。
そのため、トイレの寿命を考え、長い目で考えると、リフォームのほうがお得になります。
また、掃除がしやすい造りの便座や、特殊加工で汚れが付きにくいトイレもありますので、快適にトイレを利用したい場合もリフォームがおすすめです。

□トイレの種類

では、どのようなトイレがあるのかご紹介します。

*組み合わせ型トイレ

便器・タンク・便座を組み合わせたタイプのトイレで、一番使われている形状になります。
リフォーム費用が安く、万が一故障した場合も便座のみ交換できる造りになっています。
また、タンクの上に手洗いを付けたり、便座をウォシュレットに替えたり、いろいろカスタマイズできます。

*便座一体型トイレ

便器・タンク・便座が一体となっている形状のトイレです。
一体型のため従来だったらできる、溝がなくなります。
そのため掃除が楽になり、空間にも余裕ができます。
一方、一か所故障してしまうと、一体型のため全体を交換しなくてはならないので、費用が高くなります。

*タンクレストイレ

名前の通り、タンクがない形状のトイレです。
タンクがないためトイレの空間を広く使え、スタイリッシュなデザインによって、より開放的に感じられます。
また、シンプルな造りなので、トイレ回りの掃除がしやすいメリットがあります。
しかし、水圧が弱いお家だと、タンクがないため洗浄力が弱くなる場合があります。
リフォームする際は業者に相談して決めるなど、注意して選びましょう。

□まとめ

リフォームするトイレの種類と、トイレのリフォームについてご紹介しました。
当社では地域密着型の高品質なサービスでお客様のご要望にお応えします。
無料でご相談を受け付けていますので、奈良県にお住まいで、トイレのリフォームについてお悩みでしたら、お気軽にお問い合わせください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です