奈良でトイレの収納にお悩みの方へ!リフォームでトイレの収納量を増やせます!

「トイレの収納方法を教えて欲しい。」
「トイレが狭いため、広くする方法を教えて欲しい。」
このようにお考えの方は少なくないですよね。
吊り戸棚やキャビネットを設置すると、収納量が増やせることをご存知ですか。
そこで今回は、トイレの収納アイデアや収納量の増やし方についてご紹介します。

□トイレの収納アイデア

トイレに置くアイテムは、掃除グッズ、トイレットペーパーなどさまざまなものがありますよね。
そういったグッズを丸見えの状態で置いておくと、見栄えが悪いため、隠して収納しましょう。タンクの両脇に棚やボックスを設置しても良いでしょう。
タンクの両脇に棚やボックスを置くと、トイレグッズだけでなく、配線も隠せるため、すっきりとした空間を作れます。
また、ラタンボックスやかごなどを使って、中にトイレ用品を収納しても見てもいいでしょう。
蓋がない場合は、おしゃれな布をかぶせておくと、中が見えないため安心です。
さらに、タンクレストイレであれば、その部分に収納を取り付けて、タンクをなくした部分のスペースを有効活用してください。
加えて、壁に棚を取り付けても良いでしょう。
しかし、壁に棚を取り付けた際に注意したいのは、置くものを隠せないため、おしゃれな飾りのようにものをおきましょう。
トイレットペーパーを横にズラッと並べて、見せる収納にするというテクニックもあります。

□便利な収納

*キャビネット

こちらは扉がついているタイプの収納で、トイレ内に開いているスペースさえあれば設置可能です。
トイレ本体と一体化したものも発売されており、デザインの統一感が崩れる心配もありません。
埋め込み式のキャビネットも販売されているため、スペースの確保が難しい方には、おすすめです。

*吊り戸棚

天井に取り付けるタイプのため、空間を有効活用できます。
トイレをリフォームすることなく、設置できることもメリットです。
吊り戸棚は扉がついており、中が見える心配がないため、安心してください。

*ニッチ収納

ニッチ収納とは、壁に埋め込む形の収納です。
空間を狭くすることなく収納スペースの確保ができるため、おすすめです。
また、収納スペースとしてだけでなく、おしゃれに飾ってもいいでしょう。
自分なりのアイデアを存分に発揮して、見せる収納を楽しみましょう。

□まとめ

今回は、トイレの収納アイデアや収納量の増やし方についてご紹介しました。
みなさんも自分なりの工夫を施して、美しく収納できるといいですね。
さまざまな収納テクニックがあるため、気に入ったものを見つけて実践しましょう。
トイレのリフォームをお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です