奈良県で浴室のリフォームをお考えの方へ|浴室の色選びのポイントとは

奈良県にお住みの方で浴室のリフォームをお考えの方はいませんか?
「浴室のリフォームを考えているけど、色にもこだわりたい」
「浴室のリフォームのときに、色選びを失敗しないためには何に気をつけるべきか知りたい」
このように、浴室のリフォームを考えている方が多くいらっしゃると思います。
せっかくリフォームをするなら、色選びも失敗したくないですよね。
そこで今回は、浴室をリフォームするときの色選びのポイントについてご紹介します。

□浴室の色別の特徴

*黒系

黒色や茶色などの黒系統の色は、落ち着いた雰囲気を演出してくれます。
壁の一面だけでも、黒系統の色にすることで、浴室の雰囲気が引き締まります。
しかし、白色のウロコ汚れが目立ってしまうというデメリットもあるので、日々の掃除は欠かせません。

*白系

白系統の色にすると、白いウロコ汚れが目立たなくなります。
また、他の色と比べても清潔感が強く、浴室を広く感じさせてくれます。
白系統の色は、ウロコ汚れは目立ちませんが、ピンク色のカビや髪の毛が目立ってしまうのが欠点です。

*パステルカラー系

パステルカラーには、オレンジ色や赤色、黄色などがあり、明るい雰囲気にしてくれる色です。
また、これらの色にはリラックス効果があります。

□理想の浴室の雰囲気に合った色で選ぶ

*開放的な浴室にしたい場合

上記でもご紹介しましたが、白系統の色は、浴室に開放感を与えてくれます。
また、透明感のある白色をベースにすると、少し狭い浴室でも広く感じさせられます。

*高級感のある浴室にしたい場合

黒系統の色を使うと、高級感のある浴室ができ上がります。
黒色や茶色、ダークグレーの天然の石を使うと、さらに高級感を出せます。
同じ系統の色でも、光沢がない場合は、あまり高級感が出ないので注意が必要です。

*リラックスして入浴したい場合

リラックスして入浴したい方におすすめの色は、オレンジ色や赤色、黄色です。
これらの色は、優しさや元気を与えてくれる色なので、癒し効果もあります。
しかし、パステルカラーのような明るい色を、全体に配色するとなかなか馴染めない場合もあります。
そのような場合は、一部に取り入れるだけでも効果があります。

□まとめ

今回は、浴室をリフォームするときの色選びのポイントについてご紹介しました。
浴室は、リラックスしながら使用することが多い場所です。
そのため、浴室の色は自らが満足できる色にすることをおすすめします。
当社では、浴室のリフォームについてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
水回りのリフォームの専門家が、お客様の浴室に関するお悩みを全面的に解決いたします。
浴室のリフォームをお考えの方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です