浴室の耐用年数ってどれくらい?

奈良県にお住みの方で浴室のリフォームをお考えの方はいませんか?
「浴室のリフォームを考えているので、施工後にどのくらいもつのか知りたい」
「浴室のリフォーム後の耐用年数について知りたい」
このように、浴室のリフォームをするときに耐用年数を知っておきたい方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、浴室の耐用年数について奈良県のリフォーム業者がご紹介します。

□浴室の耐用年数

浴室の耐用年数は、一般的に10年から15年と言われていますが、浴室の使用頻度や手入れ方法によって大きく変わります。
浴室は、水回りなのでコーキングが劣化すると、そこから水が浸入してしまい、シロアリの被害を受けてしまう可能性も考えられます。
そのため、浴室の耐用年数を知ることは、家を守ることにもつながります。

□浴室をリフォームするタイミングの目安とは?

*浴室内にヒビやサビが目立つ

茶色の汚れが出てきたときは、リフォームを考えなければなりません。
浴室に取り付けられている金具は、サビの侵食が進むと、壁に穴が開いてしまう可能性があります。
そのため、早いタイミングでリフォームすることをおすすめします。

*水漏れが起こる

浴室内にある金具や、コーキングが劣化してくると、水漏れが起こる可能性があります。
上記でもご紹介しましたが、水漏れするとシロアリなどの被害で、家を立て直さなければならないかもしれません。

□浴室の耐用年数を延ばす方法

*毎日の掃除を心がける

浴室の耐用年数を延ばすために最も重要なのは、毎日の掃除です。
特に、排水溝の掃除は重要です。
排水溝の掃除をしていないと、雑菌が発生し嫌なにおいが発生します。
また、排水溝のひび割れの原因になってしまいます。

*コーキングの定期的なメンテナンス

浴室は、様々な継ぎ目があり、コーキングというパテで保護してあります。
コーキングは、カビが生えやすく、約10年で劣化する場合が多いです。
コーキングの劣化を放置しておくと、継ぎ目から水が入り込んでしまいます。
そのため、コーキングが剥げてきているのを確認した場合は、打ち直しを依頼することをおすすめします。

□まとめ

今回は、浴室の耐用年数についてご紹介しました。
当社では、浴室のリフォームについてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
水回りのリフォームの専門家が、お客様の浴室に関する悩みを全力で解決します。
水回りのぜひ一度、当社までお問い合わせください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です