奈良にお住いの方必見!浴室の床だけのリフォームについてご紹介します!

奈良県で浴室のリフォームをお考えの方はいませんか?
「浴室の床だけをリフォームを考えているけど、どのような床材があるのか知りたい」
「浴室の床だけをリフォームをするときにかかるコストについて知りたい」
このように、浴室の床だけをリフォームしたいと考えている方が多くいらっしゃると思います。
しかし、浴室ごとリフォームするときの情報はよく耳にしますが、床だけの場合はあまり聞かないですよね。
そこで今回は、浴室の床だけをリフォームするときの床材の種類やコストについて奈良県のリフォーム業者がご紹介します。

□浴室の床に使われる材の種類

浴室の床に関して、「冬場は冷たくて嫌だ」や「滑りやすくて危ない」などの不満を我慢している方が多いのではないでしょうか。
浴室の床は、浴室全体を交換することなくリフォームできます。
そのため、床だけに不満を抱えている場合でも、全体的な工事をしないのでコストが抑えられます。
ここでは、床のリフォームをするときにおすすめの床材をご紹介します。

*タイル床材

この床材は、耐久性・防水性にとても優れていて、種類や色も様々です。
また、最近のタイル床材は、「滑る」や「冷たい」など、元々のタイルの欠点を補ったものも登場しています。

*樹脂床材

樹脂でできた床材は、耐水性に優れています。
しかし、傷や汚れがつきやすく、日々の手入れが大変です。

*シート床材

シート床材とは、浴室の床のリフォームのために作られた、ビニル素材のシートです。
クッション性や防水性、断熱性に優れていて、デザインや色も豊富です。
また、床のリフォームの中でも簡単な作業なので、コストが抑えられます。

□浴室の床だけをリフォームするときにかかるコスト

浴室の床のリフォームにかかるコストは、床材の価格や面積によっても異なります。
これらを踏まえ、ここでは床材別のリフォームにかかるコストをご紹介します。

*タイル床材

タイル床材を使う場合のリフォームにかかるコストは、施工費と材料費合わせて、7万円から14万円ほどです。

*樹脂床材

樹脂床材を使う場合のリフォームにかかるコストは、施工費と材料費を合わせて、5万円から10万円ほどかかります。

*シート床材

シート床材を使う場合のリフォームにかかるコストは、施工費と材料費合わせて、3万円から6万円ほどかかります。

オプションとして床暖房をつける場合は、プラス10万円から20万円ほどかかる場合が多いです。

□まとめ

今回は、浴室の床だけリフォームするときの床材の種類やコストについてご紹介しました。
当社では、浴室のリフォームについてのご相談を電話やWebサイトから随時受け付けております。
水回りのリフォームの専門家が、お客様の浴室に関する悩みを全面的に解決いたします。
浴室の床だけのリフォームを考えている方はぜひ一度、当社までお問い合わせください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です