奈良のリフォーム業者が教えます!適正なキッチンの高さの知り方と、変更すべき理由

「キッチンに立つとなぜか腰が痛くなる」
「ひょっとしてキッチンの高さが私に合っていない?」
料理をしていると腰が痛くなることがありませんか?
もしかしたら、キッチンの高さが合っていないのかもしれません。
毎日使うキッチンですし、使うたびに腰が痛くなるのは辛いですよね。
そこで今回は、奈良の業者がキッチンの適正の高さを知る方法と、高さを変更すべき理由をお教えします。

□自分に合ったキッチンの高さとは

よく言われる適正な高さは、身長÷2+5(センチメートル)です。
しかし、腕や足の長さは人それぞれなので、注意が必要です。
高いと腰が楽になりますし、低いと力を入れやすいとされます。
自分の今使っているキッチンの高さと、その高さの感じ方も参考にして選ぶと良いでしょう。
また、同じキッチンでも部分ずつで少しずつ適正の高さは違います。
シンクは底が深いので、高くしていた方が使いやすいです。
反対に、コンロは鍋の中身が見えるように低くした方が良いとされます。

□具体的な高さの決め方

具体的に高さを決める手順をご紹介します。
まず、前述の式(身長÷2+5)で、目安の高さを確認します。
次に、ショールームや友人などのキッチンを利用して、目安の高さのキッチンで実際に動いてみます。
このとき、普段使っているスリッパやマットがあれば忘れずに持参しましょう。
特に底の厚いスリッパを使っている場合は、それだけで適正の高さが数センチ変わるので注意です。
シンクの高さ、コンロの高さも、ショールームの展示などを使って、どれくらい高さを変えれば使いやすいか確認しましょう。
これで自分にあった高さを見つけられます。
あとはリフォーム業者にその高さを伝えれば、スムーズに工事が進みます。

□我慢しないで高さを変えるべき理由

いざ工事となるとお金や時間がかかりますから、ついためらってしまいますよね。
しかし、キッチンの高さが合っていなければ、ためらわずリフォームすべきです。

*腰や肩を痛める

一番大きな理由はこれです。
キッチンが低いと腰を痛め、高いと肩を痛めます。
今それほど痛みを感じなくても、毎日我慢して続けると後々とんでもないことになります。
主婦の方であれば旦那さんに体のことを相談して、早めにリフォームしましょう。

*案外早くできる

キッチンが長い間使えなくなるのが不安でリフォームをためらっている方、いらっしゃいませんか?
しかし、意外かもしれませんが、既存のキッチンをリフォームする場合は3日程度で終わります。
3日であれば、外食やパンを買うなどして十分に乗り切れる期間です。
体のことを思えば十分早いと言えるでしょう。

□まとめ

今回はキッチンの適正な高さの知り方と、高さを変更すべき理由をお教えしました。
毎日使うところですので、早くリフォームして快適に料理しましょう。
最後まで見ていただき、ありがとうございました。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です