キッチンの床のリフォームはこう決める!奈良でリフォームにお悩みの方必見

「キッチンの床をリフォームしたいけど、どれくらいかかるの?」
「床をリフォームする時のポイントってどこだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
床材や張り方はいろいろあって、どれがいいのか悩んでしまいますよね。
そこで今回はキッチンの床材の種類と貼り方を、大まかな費用と一緒にご紹介します。
この記事を参考に自分に合ったキッチンリフォームを選びましょう!

□床を張り替る方法

*重ね張り

今の床材を張り替えず、その上から新しい床材を張り付ける工法です。
前の床材を張り替えない分、早く施工が終えられるので、人件費や工事費はこちらの方が安く済みます。

*張り替え

全部一度はがして、新しい床材を貼りなおす工法です。
前の床にはなかった床暖房や水はけの良さなどを新しく付けたい方におすすめです。
前の床材を取って、新しい床材を貼るので施工は長くなり、重ね張りに比べて費用も高くなります。

□床材の種類

*フローリング

木材を加工した床材で、暖かみのある仕上がりにできます。
見本通りの仕上がりになるので、実際張り替えてみるとイメージと違うといったことが起こりにくいメリットがあります。
しかし、フローリングにする場合は、前の床材をすべて張り替える必要があるので、費用が少し高くなってしまうデメリットがあります。
一部分だけを重ね張りにするなどで費用を安く抑えることも可能で、リフォーム費用は5~14万円になります。
しかしその場合は重ね張りによる段差が生まれ、仕上がりに影響が出ることもあるので注意が必要です。

*タイル

耐久性が高く、デザインも豊富な床材になります。
汚れに強く、加工がしやすいのも特徴です。
こちらはフロアタイルとコルクタイルで費用が違います。
フロアタイルだと4~9万円、コルクタイルだと10万円ほどになります。

*クッションフロア

塩化ビニルをもとに作られた床材です。
他の床材に比べて安く、張り替えも簡単です。
また耐水性があり、掃除も短時間でできます。
費用は3~8万円ほどです。

□床をリフォームするポイント

*自分に合ったものを選ぶ

今回ご紹介したように、すべての床材にいいところがあります。
水はけを重視する人、費用を安く抑えたい人、足の疲労を気にする人、それぞれで選ぶものが異なります。
そのため高い費用を払ってリフォームしても、自分の求めた機能が足りないと不満が残ってしまいます。
自分の中で優先順位を決め、満足のいくリフォームにしましょう。

*複数の業者に相談

業者によってリフォームする場所の得意分野というのは異なります。
スタッフによっても変わってきますので、いくつかの業者に見積もりしてもらい、自分の信頼できるところに依頼しましょう。

□まとめ

今回は床のリフォームの費用を、床材の種類別にご紹介しました。
当社では、地域密着型の高品質なサービスでお客様のご要望にお応えします。
無料でご相談を受け付けていますので、奈良県にお住みでキッチンリフォームについてお悩みでしたら、お気軽にお問い合わせください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です