奈良でリフォームをお考えの方へ|水回りのリフォームの注意点

「水回りをリフォームしたい。」
「リフォームする際に、どんなことを注意したらいいだろう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
デザインや機能性、配置など、注意点がたくさんあります。
また注意点はキッチンやお風呂など、場所によって異なります。
そこで今回は、水回りそれぞれをリフォームする際の注意点についてご紹介します!

□トイレ


トイレのリフォームと言ってもお客様によって、変更したい点は違います。
便座を交換したい人もいれば、内装を変えたい人、トイレのスペースを広げたい人もいます。
しかし絶対に注意してほしい点が2つあります。

*便器のサイズの大きさ


大きい便座のほうが座り心地や安心感があるので、大きいサイズを選ぶ方が多いです。
しかし、大きくなった分、他のスペースが小さくなります。
そのため、座っていると窮屈に感じたり、掃除がしにくかったりします。
このように、便器のサイズを考える時はトイレのスペース全体を考えるようにしましょう。

*手洗い場の位置


手洗い場を設置するリフォームの場合、スペースがないとタオルかけを近くに置けないことがあります。
手洗い場からタオルまでが遠いと水が落ちてしまい、床が濡れてしまいます。
これでは快適にトイレを使えなくなってしまいますよね。
リフォームする際は手洗い場のスペースを意識しましょう。

このようにトイレリフォームの注意点はスペースの管理と適切な配置ができているかが重要になります。
トイレの空間を良くするためには、機能性、デザインだけでなく、これらも一緒に気を付けましょう。

□洗面台


洗面台のリフォームで一番注意しなければならないのが、洗面台のスペースが狭くなってしまうことです。
朝のように、同じ時間帯に人が集まる洗面所が小さくなると、全員が使えなくなってしまいます。
また歯ブラシの置き場所といったスペースも確保し、快適に洗面台を使えるよう注意しましょう。

□キッチン


注意点としてはキッチン全体のスペースを考えることです。
一部分だけリフォームしてそこだけ大きくしてしまうと、他の場所が窮屈になってしまいます。
例えば、キッチンを大きくしすぎると、調理スペースが狭くなってしまいます。
また、調理スペースを確保しようとすると、調味料や洗い物かごを置いておくスペースを確保できなくなるかもしれません。
このように他の場所へ、しわ寄せが行ってしまいます。
リフォームする際はこのようにならないようにしましょう。

□風呂


お風呂は浴槽だけでなく他のところのリフォームも必要となることが多いです。
理由は湿気や水が壁や床に残っていると、そこにカビや水垢が発生するからです。
注意することは、窓の大きさや光の明るさが挙げられます。
窓が大きすぎると場所によっては外から丸見えになってしまいます。
窓は曇りガラスにしたり、外から見えにくい構造にしたり、安心して使えるようにしましょう。
またお風呂の中が明るすぎると、外から見えやすくなるので一緒に気を付けましょう。

□まとめ


今回は水回りのリフォームの注意点についてご紹介しました。
当社では、地域密着型の高品質なサービスでお客様のご要望にお応えします。
無料でご相談を受け付けていますので、奈良県にお住まいでキッチンリフォームについてお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です