奈良の方必見|トイレの床をリフォームするときのポイントを紹介

「孫のためにトイレの床をきれいにしたい。」
「リフォームの相場や床材の選び方が分からない。」

そんな方はこの記事を読むことをおすすめします。
今回は、トイレの床のリフォームについてご紹介します。

 

□リフォームのポイントをおさえましょう

リフォームにのぞむまえに、まずは相場や床材についての知識を身につけましょう。
知識があれば、金額を安くできる場合や良い床材を見つけられる可能性が高まります。
今から、トイレの床のリフォームについてポイントをご紹介します。

 

*費用について

まず、一番大切な費用についてご紹介します。
一般的なリフォームの費用の相場は5万円程度です。
トイレ全体のリフォームとなると、30万円ほどかかりますが、床だけのリフォームなので数万円で済みます。
しかし、この後にもご説明しますが、どの床材を使用するかで金額は変わってきます。
一番安い「クッションフロア」ですと、2万円程度でリフォームができます。
しかし、一番高い「タイル」ですと、10万円以上かかってしまうことがあります。

 

□床材について

今から、床材の種類についてご紹介します。
床材を選ぶ際は、耐久性や素材自体の特性をよく確認しながら選びます。
せっかく変えるので、長く清潔に使えるものにしましょう。

 

*クッションフロア

まずはクッションフロアです。
これは、床材の中でも一般的な素材と言えます。
値段的にも手を出しやすく、水に強い特性や掃除がしやすいなどの特徴があります。

 

*フローリング

次にフローリングの床材についてご紹介します。
フローリングは、材質が木なので水まわりの床材には不向きな面があります。
しかし、人気がある材質なのできちんと長く使えるような加工をされているものを選びましょう。

 

*タイル

最後にタイルについてご紹介します。
タイルは先ほどご説明したとおり値段が一番高い材質です。
なぜなら、一番耐久性が高く、手入れもしやすいからです。
リフォームの費用は高めにかかってしまいますが、長くきれいに使える床材です。

 

□まとめ

以上、トイレの床のリフォームについてご紹介しました。
相場がどれくらいなのか、床材はどうやって選べばいいのかがお分かりいただけたでしょうか。
今回の記事を参考に、水まわりの設備のリフォームについて検討してみてください。
また、当社は水まわりのリフォーム専門店として、お客様に寄り添ったサービスを展開しています。
何か相談したいことがあれば、是非お問い合わせください。

リプラのホームページへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です