トイレの手洗い器

こんにちは、リプラの芋生です。

暑い中にも湿度を感じるようになりましたね。そろそろ梅雨入りなんでしょうか。 梅雨になる前に、水廻りを中心とした家中の場所を掃除しておいて、カビなどの発生を抑えることがお勧めです。

最新式の水廻り設備は、どれも機能性とお手入れ性を重視した造りになっているので、 毎日のお掃除が楽になるのはとてもありがたい事ですね。
現在、トイレ入替を伴うご依頼を5件ほどいただいているのですが、皆さま最新型のトイレをご覧になると、 お手入れのしやすさ・節水能力・多機能なウォシュレットに驚かれます。
昔はぜいたく品だったものでも、時代と共に普及して商品価格も下がり、スタンダードになっていることを実感します。

さて、トイレをご案内していると、迷われる事のひとつが
「トイレの手洗い器をどうするか?」です。
ただ多くの方が、トイレの横にカウンター&手洗い器がある状態をイメージされています。それで、幅が狭くなるのはいやだからと、諦められる方もいらっしゃるようです。↓こんなイメージですね。

そこで今回は、コンパクトなトイレでも設置しやすい手洗い器をご紹介したいと思います。

LIXIL 狭小手洗シリーズ
0.4坪の狭小スペースにもぴったりのコンパクト&シンプルなシリーズ。
メーカーHPはこちら →→LIXIL

TOTO レストパルF
手洗い器が奥にあるので、幅を気にせず設置する事ができます。
また、便器が浮いているから床面全体がフラットで、サッとひとふき。
メーカーHPはこちら →→TOTO

色々なバリエーションがありますね。
ご予算やご希望に応じて、ご自由にお選びいただけますので、ご依頼の際は遠慮なさらずどうぞお気軽にご要望をおっしゃってください。

***********************
昭和2年創業!こだわりは地域密着!!
創造工舎の選べる3つのリフォームブランド。
ファストリフォーム ” Repla “
デザインリフォーム ” Franc “
福祉リフォーム ” けあねん “
***********************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です